開業祝いの花の定番は白い胡蝶蘭

開業祝いに本当に喜ばれるお花とは?

新たな門出となる開業にあたっては、心から祝福し成功をお祈りしたいものです。心機一転のスタートに相応しい開業祝いとして、どんなお花やアイテムをチョイスすればよいか悩む方も少なくありません。

定番は白い胡蝶蘭!

開業祝いに贈るお花といったら白い胡蝶蘭、というほどの定番中の定番です。清楚で上品でありながらも華やかさを兼ね備え、パッと目を惹く白い胡蝶蘭は開業祝いになくてはならないものと言えるでしょう。開業される方との親しさの程度にもよりますが、1万?2万円程度のものを選ぶと良いでしょう。あまり予算がとれない場合は、他の方から贈られた豪華な胡蝶蘭の間で見劣りすることを避けるために、あえて他のギフトをチョイスする方法もあります。胡蝶蘭は3株や5株といった奇数株のものを選びましょう。鉢植えのお花を開業祝いにする場合には鉢に贈り手の名前とお祝いの言葉を書いた木札を立てるのが一般的です。そのため生花店に依頼する場合には必ず開業祝い用だということを連絡し、木札の準備を依頼しておくことをお勧めします。

いつまでに開店祝いを贈ればいいの?

開業の前というものは大変忙しいものです。当日に開業祝いのパーティーを催すのであればその準備にも追われます。そのため開業祝いは遅くとも開業の前日までには到着するようにしたいものです。場合によっては当日を希望される方もいらっしゃるでしょうから、親しい方でしたらいつ頃が良いのかを事前にリサーチしておくのもよいでしょう。お花は時間とともに劣化が進みます。あまり早めに贈っても当日までに傷んでしまうのは避けたいところです。生花であれば傷み具合を考慮して贈る日時を決めましょう。胡蝶蘭は花持ちが良いため傷みにくく、長く楽しめることも開業祝いのお花として人気のある理由の一つです。日持ちが気になるのであれば傷みやすい生花ではない別のアイテムを選ぶというのも1つの手かもしれません。

長く楽しめるフラワーギフトとは?

生花はいずれ必ず傷んでしまいますが、もっと長く楽しめるのがフラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーです。開業祝いとして受け取ったらそのまま飾る事が出来るので手間もかからず大変便利です。忙しい開業祝いの場ですぐに装飾として利用でき、その後も長くお店に飾っておけるため人気のアイテムです。白い胡蝶蘭が多く集まる開業祝いの席では、色鮮やかなフラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーはその場を華やかにする効果も期待できます。贈り物に予算があまりとれないような場合でも、低価格から豪華なフラワーギフトが容易できるのでおすすめです。生花と違い臭いもなく花粉も飛ばないため、配慮が必要な店舗にはピッタリの開業祝いと言えるでしょう。