開業祝いに花を贈るパターンがある

開業祝いにもってこいの花とは

知人の開業祝いに、「おめでとう」や「商売繁盛」「がんばって」の意味を込めてお花を贈ることがありますが、たくさんある花の中からいったいどの花を選べばいいのでしょうか。迷った時にはこの花をというオススメはこの3点です。

豪華!胡蝶蘭!!

見た目にもゴージャスで華やかな胡蝶蘭は、開業祝いに贈る花としては定番でもってこいの花です。胡蝶蘭には「幸福を呼びこむ」という花言葉があり、これから先の商売繁盛を祈願する意味も込められます。また、鉢植えは「根付く」という意味合いからもこのようなお祝いにまさにふさわしいとされています。また、ある程度長持ちするので、相手にとってはしばらく飾っておくこともでき喜ばれます。ただ、胡蝶蘭は一株が高価なので、相当な額のお祝いを想定していないと見劣りしてしまう場合もあるので要注意です。目立たせたい場合には、白ではなくピンクのものを選んだり、5本立ちと呼ばれる大きな鉢植えを選ぶと良いです。鉢植えに立て札も立てられるのでそこにメッセージを添えることもできます。

インテリアにも最適!観葉植物

観葉植物には「幸福の木」や「青年の樹」、「モンステラ」など幸せや成長のシンボル、良縁や金運を呼び込むとされる植物がたくさんあります。これらは、縁起が良いとされ、開業祝いに贈る植物として喜ばれています。おしゃれで、オフィスや店内などのインテリアとしても使えますし、マイナスイオンを出す癒し効果もあります。また、頻繁に水替えをしたり与えたりしなくてもよいので育てやすく、開業したばかりで忙しい相手にとっては嬉しいものです。値段も70cmくらいの高さであれば5000円から7000円とそれほど高くもないので、贈る方も贈られる方も気軽です。花のように豪華で華やかではありませんが、スタイリッシュな贈りものをしたい方にはもってこいのプレゼントです。

もちのいいブリザーブドフラワー

ブリザーブドフラワーは、近年贈り物として流行り出したもので、特に若者に人気です。色とりどりのきれいな花が、センス良くコンパクトにまとめられていてしかも、水やりをする必要がないので相手にとっても面倒がなく、長いこと楽しめます。ずっと枯れないことから、開業祝いには、「これから先ずっと長く続けていけますように」「繁盛しますように」と願いを込めて贈ることもできます。美しいままの状態を長く保つために、特別な施しをしているので、少々お値段は高いですが、開業祝いの縁起物のニューフェイスとして贈る人が増えています。また、花特有の香りや花粉が飛ぶこともないので、飲食店などには特にブリザーブドフラワーは最適な贈り物といえます。