開業祝いにぴったりな花を選ぼう

開業祝いに花をプレゼントしましょう

新しい店を開業した仲間や友達に、どのようなものを送ったら良いのか、悩んだことがある人もいるでしょう。そのような開業祝いには「花」を送るととても喜ばれます。華やかで明るい雰囲気で開業を共に盛り上げましょう。

相場はどれくらい?

開業祝いなどで花を送ろうと花屋さんに行くとたくさんの花が並んでいます。まずは自分と送る相手の関係性によっていくらくらいの予算のものにすれば良いのか考えてみましょう。取引先の場合は1万円から5万円、友人・知人の場合は5000円から1万円、身内の場合は1万円から5万円がだいたいの相場となっています。相場より少ない金額の花を送ると、相手に対して失礼にあたってしまったり、他の人からのものと並べて飾られた時に見劣りし、恥をかいてしまったりすることになってしまったりするので、注意しましょう。逆に高価な花になると相手に気を使わせてしまうことにもなるので、だいたいの相場を知り、その範囲内で素敵な花を選ぶということはとても大切なことです。

どんな花が良いのでしょう

開業祝いとして送る花の定番は「胡蝶蘭」「観葉植物」「生花」「ブリザードフラワー」があります。
胡蝶蘭は長い期間楽しむことができる、見栄えが良い、ということで選ばれることが多いです。予算を見極めて、なおかつ素敵なものを選ぶことが大切となります。
観葉植物はあまり手入れがいらず、楽しめる時間も長いというところがポイントです。また、インテリアや部屋のアクセントになったり、癒しの効果があったりと良い雰囲気づくりにも役立ちます。
花束・生花は綺麗にラッピングされていて、飾ると華やかさが出るのでとても気に入られます。かごなどにアレンジしてあるフラワーアレンジメントだとそのまま置いておくこともでき、忙しい開業の時にはぴったりです。
ブリザードフラワーは生花ですが、水やりを必要とせず、長期間楽しめるので人気となっています。香りや花粉の心配もしなくても良いので気軽に送ることができます。

さらにこのようなことをすると喜ばれます!

開業祝いに花をただ送るだけでなく、もう一工夫加えることでさらに相手にお祝いの気持ちを伝えることができます。
メッセージカードに一言手書きのメッセージを書いておくと心に響くものとなり、印象深くなるでしょう。気持ちを伝えるのに最適です。
また、相手の店などの繁盛、繁栄を願って、それぞれの店のイメージカラーの花で揃えたりすることも喜ばれます。ただし、赤色の花は赤字が火事を連想させるとして縁起が悪いと嫌がる人もいるので、注意が必要です。
さらには花はイキイキとした状態で送るために開業の日の午前中に、きちんと名前をつけて送るということが重要です。
開業の日は忙しいので手間を取らせず、相手の気持ちをほっこりさせるものが喜ばれます。