開業祝いに花を贈ろう

開業祝いに花を贈る際のポイントは?

「開業祝いに花を贈りたいけれど、どんな花を贈ればいいの?」と悩んでいませんか?開業祝い向けとして、いろいろな花が売られていますが、選ぶ基準がわからないといった方向けに、贈る花の「相場」、定番の「胡蝶蘭」、人気の「プリザーブドフラワー」について紹介します。

開業祝いに花を贈る際の「相場」

あなたが花を贈るお相手にとって、開業は人生の大きなチャレンジであり大切な場面です。その開業祝いに、相場よりも少ない金額で花を贈ると、並べて飾られたときに見劣りしてしまい、恥をかいてしまうかもしれません。また、お相手に対して失礼になる可能性があります。
そんな失敗を避けるためにも、まずは「相場」をおさえておきます。
取引先の場合は10,000円~50,000円、友人・知人の場合は5,000円~10,000円、身内の場合は10,000円~50,000円が、開業祝いの相場とされています。
ただし、身内(親・こども、兄弟姉妹、親戚)の場合には、「開業資金に」と花や品物よりも現金を贈る方も少なくはありません。

開業祝いの定番「胡蝶蘭」

贈る花を決められないときには、開業祝いの定番の「胡蝶蘭」を選べばまず大丈夫です。一般的な胡蝶蘭の市場では、3本~5本立てが植えられた、20,000円前後の鉢が人気です。
胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」。まっさらな状態からのスタートという気持ちを込めるなら、白い胡蝶蘭がおすすめです。
胡蝶蘭には、白の他に、ピンク・黄色・オレンジなどがありますので、贈るお相手のコーポレートカラーやイメージカラーに合わせて選ぶこともできます。胡蝶蘭は華やかな上に、比較的丈夫で安定していて、室内で育てやすいという特徴があります。また、蘭は古代ギリシャ時代から「繁栄のシンボル」とされています。胡蝶蘭には、このような良い点が多くあるため、贈り物として最適です。

人気の「プリザーブドフラワー」

プリザーブドフラワーとは、生花や葉を特殊液の中に沈めて水分を抜いたもの。そのため、水やりの必要がなく、長く楽しめるのが大きな特徴です。プリザーブドフラワーには、花粉も匂いがなくアレルギーの心配がないため、人の出入りの多い飲食店やクリニックなどの開業祝いに良いでしょう。
プリザーブドフラワーの組み合わせや飾る器によって、落ち着いたイメージや可愛らしいイメージなど、どんなイメージにも対応できます。贈るお相手の趣味、オフィスや店舗の雰囲気に合わせて、プリザーブドフラワーの種類や色などを選ぶこともできます。
ただし、「お祝いは生花でないと失礼だ!」という方もいらっしゃいますので、贈るお相手によっては生花にしておくのが無難かもしれません。

リーズナブル派からこだわり派まで満足できる品揃えをご用意しています。 当店の主力商品・サービスは、産地直送の新鮮なお花をできるだけ早く、お客様の元へ届けるようにしています。 「大切なお知らせ」を開くと2つの”安心”品質保証 の中にお手入れカードがはさまっています。 開業祝いに「お花」を送りましょう